「日常こそ、ドラマチック展」がスタート、昔と今の日常が見える 四街道公民館

音楽家などが集まるオープニングセレモニー開催

P3192796
3月19日(土)四街道公民館で、「日常こそ、ドラマチック展」がスタートし、オープニングセレモニーが行われました。

オープニングセレモニーでは、プロジェクトの概要などが伝えられ、ムービーの音楽を担当した、音楽家2名(宮内優里,穴水康祐)による演奏が行われました。

同展示会は、四街道市シティーセールの一環であるドラマチック四街道が主催し、すでに公開されているムービー「ドラマチック四街道」の放映、写真集の写真展示、みんなでカレンダープロジェクトの大判の展示、リサーチプロジェクトの原稿にもなっている昔の写真や映画パンフレットの展示が行われています。

同プロジェクトのメインキャラクターである、「よつぼくん」のラインスタンプが同日に発売されました。
「よつぼくん」のラインスタンプは、ワークショップで市民らが協力して出来上がった作品です。

開催期間は、3月19日(土) ~3月30日(水)、開館時間は 9:00 ~ 21:00(最終日のみ17:00まで) まで行われます。
*3月28日(月)は公民館閉館のため休み。




写真ギャラリー

関連リンク




ニュースの最新記事ニュース一覧

四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕
四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook