ガス灯ロードレース大会、今年が最後!?

市内外に人気のマラソン、ガス灯のLED化が決定




2015年11月15日(日)に、四街道ガス灯ロードレース大会が開催されます。
同ロードレース大会は、今回で18回目を数える人気イベントで、毎年大勢のランナーが楽しんでします。

ガス灯ロードレース大会の冠ともなっている「ガス灯通り」は、四街道市めいわ地区の全長2238mに、228基設置されたガス灯通りで、日本最大ガス灯通りとなった四街道のシンボルの一つです。

ガス灯ロードレース大会は、その名の通り「めいわのガス灯通り」を駆け抜ける大会として認知されています。

このガス灯のLED化が決定しており、ガス灯ロードレース大会の名称も今大会以降、変更になる可能性があります。

ガス灯のLED化は主に以下の様なガス灯ならではの問題解決のため決定されました。

<ガスとの明るさと交通事故>
・歩道も車道も前方がみえずらく、歩いている人の顔も認識しづらい
・ガス灯の照度が低いため補助灯が必要
・暗いために交通事故を招きやすい

<管理の問題>
・交通事故でガス灯が倒れたが、設置会社の倒産で同じものを建てられない
・複数のガス灯が連動しているため役10基ほど点灯していない状態が続いている

<維持費の問題>
・ガス灯と補助灯の経費両方が必要で、維持費が高い

1992年(平生4年)に点灯式が開催されてから23年間、開発が進む四街道駅南口を照らしてきたガス灯も工事着工とともに終りを迎えます。

今年のガス灯ロードレースは、ガス灯の最後の勇姿をかざるメモリアル大会です。

ニュースの最新記事ニュース一覧

スッキリし隊が、夏休み小学生ボランティアとゴミ拾い活動
スッキリし隊が、夏休み小学生ボランティアとゴミ拾い活動

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook