ログハウス風の建物が全焼、四街道市鹿放ヶ丘の火災現場の痕跡、爆発音はプロパンガスタンクの爆発

発生から鎮火まで約5時間

PC282492全焼した店舗の様子
12月26日に四街道市鹿放ケ丘で発生した火災は、「シアムハウス四街道店」から出火し、ログハウス風の店舗が全焼し、近接店舗の倉庫の一部まで燃え移りました。

火災後の木で覆われた建物は、全面が黒こげになり、屋根もなくなっている状態でした。

一番被害が見られた場所は、建物背面のプロパンガスのタンク付近で、近接しているフェンス尽きの塀が吹き飛んでおり、すぐ裏にある小道と草むらにも火災の跡が残っていました。

数回にわたり広域に響いた衝撃と爆発音はこのプロパンガスのタンクの爆発音と考えられ、4本あるタンクのうち1本は吹き飛んでおり、1本は黒こげの状態でした。

PC282505吹き飛んだフェンスつきの塀とガスタンク
火災は17時30分ごろに発生し、近隣の方の情報によると消防が撤退したのは午後22時頃だったそうです。

近隣の方の情報によると、店内に設置されていた蒔きストーブから出火したのではないかとの情報が流れていますが、四街道消防署によると、12月28日16時現在、火災の原因は調査中で不明です。







事件・事故ニュースの最新記事事件・事故ニュース一覧

踏切での列車衝突事故、長時間の警笛とドーンという音
踏切での列車衝突事故、長時間の警笛とドーンという音

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook