四街道高校、千葉敬愛高校ともに敗れベスト16、野球部に続々届く激励の声

Twitterでは、守備がプロ並の声も




7月21日、全国高校野球千葉県大会のベスト8を決める試合で、四街道高校、千葉敬愛高校ともに激戦の末に敗退し、今季はベスト16が決定しました。

先に行われたのは、四街道高校(ノーシード) vs 成田高校(Cシード)の試合(柏の葉野球場)、4回までは両校とも無失点、5回裏に成田高校が4点を奪うと、6回(表)、7回(表)にも1点ずつ反撃にでるも、各回の裏には追いつかれ、8回(裏)に2点を取られ、7点差が開きコールドゲームで試合終了となりました。

この試合を見ていた観戦者からはTwitterで、「守備がすごい」「ショートが高校生レベルを超えている」などと守備面に関する驚きの声が上がっていました。

千葉敬愛高校(Aシード) vs 習志野高校(Cシード)の試合では、1回(裏)に習志野高校がいきなり3点を取ると、4回(裏)に2点を、7回(裏)に1点を追加され、0-6のコールド直前の状態で8回を迎えます。8回(表)に千葉敬愛高校が3点をとり反撃ムードになりますが、点差は縮まらず試合終了を迎えます。

Aシード校として大きな期待とプレッシャーを背負いながら戦い、最後の反撃には「意地が見れて感動した」との声があがっていました。

両校の活躍に賞賛や激励の声がFacebookやTwitterなどのSNSを通じても多く送られており、四街道市内の学校に今後への期待が伺えます。

スポーツニュースの最新記事スポーツニュース一覧

全日本バトントワーリング選手権大会で1位 、千葉敬愛高校の2名 ペアU-18部門
全日本バトントワーリング選手権大会で1位 、千葉敬愛高校の2名 ペアU-18部門

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook