地方から国へ被災地の高速道路無料化の再開を要望(四街道市)

被災地からの働き手とボランティアの移動の手段

12月19日(水)の四街道市議会で、国への「高速道路の無料化再開」の要望書が全会一致で採択されました。

要望書には、

JRなどの復旧が遅れており、震災で働く場所を失った人たちの職を探すための移動手段として重要な高速道路である。

無料化を解除したことにより、その交通費tが現地で暮らす人達の経済を圧迫しており、
3年~ 5年の高速無料化の再開が望まれている

また有料の状態は、継続したボランティアの支援が必要な中、継続しボランティアを行なっている活動への大きな障害となる。

との趣旨が記載してあり、国へ提出されます。

四街道市内でも多くのボランティア団体が継続した支援活動を行なっており、要望が受け入れられれば、その活動にも大きな影響をあたえます。

政治ニュースの最新記事政治ニュース一覧

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook