大人も子どもも、学びがある「よつてら」始まる!ボランティアスタッフも急募

2015年夏の寺子屋がスタート

会議の様子会議の様子

7月11日、四街道公民館で「よつかいどう寺子屋」が行われ、その後「2015年夏の寺子屋」に向けての会議が行われました。

夏の寺子屋は、7月の後半から、八木原小学校自学塾、ちよだ寺子屋(千代田公民館)、ふれあい寺子屋(鹿放ヶ丘)、くりっこサマースクール(栗山小)、あさひ寺子屋、よつわっ子スクール(四和小)、吉岡塾(吉岡小)の各地で開催されます。

校長を務めている城戸さん、中学生、高校生などを中心に会議が行われ、それぞれの「企画」をたて発表し合い、実際にどのような進行をするかなどの模擬体験を行ったり、意見の交換が行われていました。

・広告や写真など色々なものを自由に組み合わせて作る「コラージュ」
・自分で編みこんで作る「コースターづくり」
・演劇「桃太郎は本当に正義なのか」という、桃太郎と鬼の両方の立場を考える企画
などの話し合いが行われていました。

校長の城戸さん校長の城戸さん
寺子屋に参加する地域の小学生の人数は年々増えており、企画や授業の進行、スタッフの送迎など、「まだまだ多くのボランティアスタッフが必要」と校長の城戸さん。

どんな人がスタッフに来て欲しいか?と尋ねたところ「学生でも社会人でもどんな人でも来て欲しいです!」「教えている小学生だけが学ぶだけでなく、教えている方も企画をねったり教え方を学んだりと様々な事が学べます!」と回答。城戸さん自身も「チームよつてら」を通して様々なことを学んだそうです。

地域の社会学習をとおして、新しい学びに出会える「チームよつてら」、この夏新しい体験をしたい方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

ニュースの最新記事ニュース一覧

秋のお祭り、よさこい道&グルメチックフェスタが今年も開催
秋のお祭り、よさこい道&グルメチックフェスタが今年も開催

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook