寝ている間に引き出し荒された…就寝中に忍び込み、現金だけを狙った窃盗犯が千代田団地に

小さい子供も寝ていた…あやうく鉢合わせ


6月26日未明から明け方に、四街道市千代田団地の一戸建て住宅で、忍び込み(就寝中に家への侵入)が発生しました。
犯人は現金だけを狙った窃盗犯で、盗品の被害はなかったものの、通帳と印鑑の入った引き出しが裏の空き家に放り出されており犯行が明らかに。

犯行の起こった時間帯は、家人が就寝した23時から翌7時に起床するまでの間。被害にあった家は2階建ての1軒屋で、犯人は1階の出窓から侵入し、1階の掃出窓(庭などに続く人が出入り出来るような大きな窓)から退去した模様。

同時間帯は大人2人と子供2人で侵入された同じ1階で就寝してたという。
出窓の近くに通帳などの入った引出しがあり、犯人がすぐ発見したことが幸いしたのか、他の場所はあまり荒されていなかったそうです。

被害にあった方は、事件後「鉢合わせたりしたらと思うと恐怖です!近隣の方は気をつけてください!」「防犯グッズを買いに行きました、鍵は二か所つけるようにしようと思います。シャッターもちゃんとしめて、鍵もかけます。」とコメント。

調べに来た警察の話によると、「千代田団地内で2ヶ月の間に数件同じ手口の犯行があった」そうで、千代田団地はもちろん近隣の住宅地も注意が必要です。

千代田団地に隣接する「もねの里」では、先日市役所を偽った「呼び出し空き巣」が発生したばかり。

在宅中も犯罪への警戒を怠らないように注意して下さい。

事件・事故ニュースの最新記事事件・事故ニュース一覧

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook