県がインフルエンザ警報を発令、感染急増、市内でも相次ぐ学級閉鎖

インフルエンザの急激な感染数の増加で、2月1日に千葉県がインフルエンザ警報を発令しました。
四街道市内でも学級閉鎖が相次いでおり、2月2日現在、市内小中学校7校で11クラスが学級閉鎖となっています。

県の定点計測で、前回の計測が19.3ポイント越えで注意報が発令されましたが、
今回の計測で38.06ポイントと約2倍となって基準を超えたため、警報レベルにあがりました。

インフルエンザの予防は、
「手洗い」「うがい」「睡眠」といった行動予防。
「湿度、温度、人ごみを避ける」の環境予防。
「マスク」をつけることで2次感染の予防。
が効果的です。

関連リンク

インフルエンザ警報の発令について(2012年2月) [千葉県]
インフルエンザによる学級閉鎖の状況(2012年2月2日) [四街道市]

ニュースの最新記事ニュース一覧

四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕
四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook