立て続けに衝突、酒酔い運転の男を逮捕、四街道市大日

停車中と走行中の車に衝突




12月4日20時50分頃、四街道市大日の路上で、酒に酔った状態で自動車を運転し、他の車に衝突した、56歳の自称会社員の男が逮捕されました。

男は、普通乗用車を運転し、停車中の軽乗用車に接触し、その後、走行中の軽乗用車に衝突しました。

警察庁の統計によると1年で最も事故の多い月は12月です。

「平成19年の飲酒運転厳罰化、平成21年の行政処分強化などにより、飲酒運転の事故は年々減少しているものの、近年では下げ止まり傾向となり、依然として飲酒運転による悲惨な事故は後を絶ちません。
飲酒運転は極めて悪質・危険な犯罪です。
国民の皆さん一人一人が「飲酒運転を絶対にしない、させない」という強い意志を持ち、 飲酒運転を根絶しましょう。」
”警察庁WEBサイトより抜粋”

事件・事故ニュースの最新記事事件・事故ニュース一覧

四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕
四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook