若い男女ペアの泥棒がもねの里で2件連続で家の外におびき寄せて現金盗む

昼間の約10分に大胆な犯行連続2件


6月12日17時ごろ、男女ペア(20才前後)の泥棒が現れ、四街道市もねの里2丁目の民家から現金を盗む事件が2件連続で発生しました。

犯人は、まず1人が「ごみの集積所が変わる」などと偽り在宅中の家人を巧みに外に連れ出し、その隙にもう1人が家屋に侵入し現金を盗むという手口。外に連れだした際には、市役所の環境安全課を名乗っていたそうです。

犯行は、16時50分から17時00分の間となっており10分の間に2件の連続犯行を行う素早い手口です。

犯人の特徴は、共に年齢20才前後で、上下紺色のスーツを着用しビジネスマン風、
男性は、身長160cm以上、体格は「やせ形」で、黒髪のオールバック、
女性は、身長150cmぐらいで、黒髪で肩ぐらいまでの長さ。

四街道市役所に問い合わせたところ、「環境安全課」という課は存在しない、怪しいと思ったら市役所へ問い合わせるよりは、直接警察へ連絡したほうが有効ではないかとコメント。(市役所へ問い合わせても警察署へ連絡されるそうです。)

千葉県警では、「お宅に訪問してきた者に対して必ず身分確認をするとともに、自宅は少しの時間でも離れるときは施錠するよう心がけましょう。」と呼びかけています。

四街道警察署:043-432-0110

事件・事故ニュースの最新記事事件・事故ニュース一覧

四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕
四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook