英語ができなくても大丈夫!愛称はYOCCA、四街道市国際交流協会

第22回ふるさと祭りへ出店していた、
四街道市国際交流協会さんをピックアップレポート。

ふるさと祭りでは、アラビアータやマッコリ・韓国のり・キムチの韓国セットなど、
多国籍な料理を販売していました。

普段はどんな活動を行っているのかをお伺いしました。

四街道市内の国際交流をサポートしています。

四街道市の外国人登録者数は、約1200人(2011年8月現在)。
地理的に成田国際空港も近く、都内へのアクセスへもよく、多くの外国の方をみかけます。
もし、隣に外国人の方が住んできたら、いったいどう交流していけばいいのでしょうか。

当協会の主な活動は、
(1)市内に居住する外国人市民に対する生活のサポート
(2)姉妹都市リバモアとの交流
(3)語学教室(外国人市民に対する日本語教室や、市民に対する英会話教室の実施)
(4)外国人と日本人の交流事業の実施
(5)外国人市民に対する行政サービスのサポート
を主な活動としています。多くの市民の方と外国人の方との接点になっています。

実は、4つの部会があるんです。

ふるさと祭りに出店されていたのは、姉妹都市部会。
実は、国際交流協会には、4つの部会があります。
それぞれが役割をもって活動を行っています。

<日本語交流部会>
四街道市で暮らしている外国の方々を対象に、日本語を学ぶお手伝いをしています。
親子向けのサークルや小中学生向けクラスもあります。

<姉妹都市部会>
姉妹都市である米・リバモア市との交流をメインに活動を行っています。
訪問団の受け入れや派遣、中学生の短期交換留学事業の他、
ふるさとまつりや産業まつりへの出店も行っています。

<交流部会>
楽しく!力を合わせて!をモットーに市民の国際交流を推進して行きます。
各国の参加者が自国の家庭料理を一品持ち寄って、
ゲームやおしゃべりで楽しく過ごす「ポットラックパーティー」や、
社協まつりで外国人の手作り料理を販売しています。

<通訳語学研修部会>
各国語での通訳ボランティアの登録を受付けています。
語学研修部門では会員の皆様向けの常設語学学習プログラムを用意しています。

英語が出来なくても大丈夫なんです!

多くのボランティアの方で支えられている活動ですが、
英語がしゃべれなくても活動を行っていただくことができます。
ぜひお気軽に、事務所を訪れてみてください。
とのことでした。

事務所は、市役所の第2庁舎にあります。
ますます増えていく国際交流。
ぜひ一度訪れてみていただいてはいかがでしょうか。

関連イベント情報

社協まつり(10月16日、四街道市役所)
※市民文化祭(11月3日、四街道文化センター)
産業まつり(11月※詳細日程不明)

※よつぽで、取材したスリランカ人で東日本大震災のボランティアを行われているランデマさんも、市民文化祭で行われるスピーチ大会で講演される予定です。

■ランデマさんの記事
まだボランティアは必要だ、スリランカ人が見た東日本大震災

関連リンク

YOCCA – 四街道市国際交流協会

お問い合わせ先

四街道市国際交流協会に関するお問い合わせ先:
〒284-8555 四街道市鹿渡2001-10
市役所第二庁舎1階 四街道国際交流センター内
TEL:043-312-6173  FAX:043-312-6176
●受付時間:月・水・土、10時~15時

ニュースの最新記事ニュース一覧

秋のお祭り、よさこい道&グルメチックフェスタが今年も開催
秋のお祭り、よさこい道&グルメチックフェスタが今年も開催

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook