駅前通りの駐車場で車上荒らし、ドアガラスが飛散し貴重品盗まれる

人通りもある人気店舗近くの駐車場で

ガラスが割られ荒らされた車内ガラスが割られ荒らされた車内
6月18日未明、四街道駅南口から近い駐車場で、車上荒らしが発生しました。
助手席側のドアガラスが割られ、車内に保管してあった貴重品などが盗まれました。

犯行現場は、近隣に住宅や店舗などがあり、人通りもそこそこある駐車上での大胆な犯行で、被害者の方は「人通りがあると思っても侮らないで欲しい」とコメント。

最近の車上荒らしの被害は、高級車だけでなく軽自動車や低年式の車両も被害に合うことが多くなっており、セキュリティー対策などが必要です。

<下記のような対策が車両被害を軽減します>
【ドアロックをかける】
自動車盗難の約25%はドアロックをしていなかった車が被害にあっています、短時間でもドアロックを。

【貴重品は車内に置かない・車外から見える位置に置かない】
車の外から貴重品があるように思われるとターゲットになる可能性があがるそうです、財布、かばん、ノートPC、カメラなどは気をつけましょう。

【人を感知するドライブレコーダー】
駐車中でも周囲で人の動きがあると作動するドライブレコーダーは有効な証拠にもつながります。



事件・事故ニュースの最新記事事件・事故ニュース一覧

踏切での列車衝突事故、長時間の警笛とドーンという音
踏切での列車衝突事故、長時間の警笛とドーンという音

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook