四街道市議会3月議会始まる、議長・副議長も決定

市長再選と会派再編後の初議会



3月3日、平成26年度第1回(通称、3月議会)となる四街道市議会が始まりました。
市議会の定例会はは、1年で4回行われ、3月、6月、9月、12月と開催されます。

第1回の3月議会では、議長や副議長の選出、委員会の決定、会派の代表質問などが行われます。
3月3日の本会議で、議長に市橋 誠二郎議員(公明党)、副議長に宮崎 昭彦(四街道創志会)が投票で選ばれ決定しました。

3月議会の日程は、3月6日本会議で委員会が決定し、3月12日から16日まで会派による代表質問、3月17日~25日まで、予算審議特別委員会が行われ、最終日は3月28日で3月議会の山場となる。

四街道市が2月27日に発表した平成26年度一般会計の予算案が過去最大の251億円となっていることや、ゴミ処理場の問題などもあり、議会の紛糾が予想されます。

政治ニュースの最新記事政治ニュース一覧

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook