78万円の還付金詐欺、電話de詐欺事件への独自名称で初事件

市内のATMから振込




7月30日、四街道市内で、還付金の還付を偽った電話で、60代の女性が78万円を騙し取られる事件が発生しました。

電話で「還付金がある。書類が無くても取引銀行にいけば還付してもらえる。新しい銀行のATMになったので、近くの店舗に行ってください。」等と嘘を言い、四街道市内のATMから約78万円を振り込ませだまし取った。

この詐欺事件は千葉県警WEBサイトで事件事故ファイルに8月4日に公開された事件で、初めての「電話de詐欺」事件になりました。

千葉県警は、8月1日から振り込め詐欺や金融商品の売買を装う詐欺などの「特殊詐欺」を独自名称の「電話de詐欺」に決定して公表しています。独自名称の「金くれ詐欺」などと併用して利用していく方針。

インターネット上のツイッターや掲示板サイトなどでは「カジュアルすぎる」「こんな名称だから舐められる」などの意見も続出。
名称の賛否両論も、話題になれば詐欺事件の認知度もあがるため、独自名称の決定は全体的に事件を防ぐ事に貢献しくるかもしれません。

お盆休みで四街道へ帰省される方は、家族で詐欺事件への対応を相談する機会にしてみてはいかがでしょうか。

事件・事故ニュースの最新記事事件・事故ニュース一覧

四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕
四街道駅のホームで中学生を足蹴りした42歳の男を逮捕

Facebookでシェアする

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」.feed twitter facebook