小中学生にも厳しいコロナ渦、千葉県内最短の夏休み終わり、修学旅行も中止、四街道市

ニュース

千葉県内最短の夏休みが明けたばかり

2020年8月24日、四街道市教育委員会が、市内の小中学校の修学旅行などの中止を発表しました。発表では、修学旅行だけでなく宿泊学習、公共交通機関を利用した校外学習(遠足)も本年度は中止となっています。

中止の理由は、コロナ対策を徹底しても拭えない感染リスク、出先での感染時の対応の困難さに加え、見学地での不特定の人との接触が考えられ、学習終了後の校内感染リスクが高まるためとしています。

市内小中学校は、8月20日に千葉県内で最も少ない12日間の夏休みが明けたばかりで、その模様はTBS系のニュースでも放送されていました。新型コロナも影響で、小中学生にも夏休みが短く、修学旅行などもできないなど、厳しい状況が続いています。



災害情報ニュースの最新記事
災害情報ニュース一覧

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」. Support by まちコミュニケーションfeed twitter facebook