待機児童数1年で約4倍 全国6位か? 子育てなら四街道のスローガンも

ニュース

待機児童、対策するも減るどころか増加

待機児童2020年増加

待機児童2020年増加

9月4日に、四街道市の待機児童数が発表され令和2年度9月時点で、230人の待機児童の存在が明らかになりました。昨年の令和元年6月時点で67人だった待機数が1年で約4倍に増加しました。

平成30年度では124人が、平成31年(令和元年)度では約半分の67名、そこから1年で一気に増加し、230人もの待機児童が出る結果となりました。
9月4日に日本経済新聞記事で発表された、待機児童増加の記事でも、人口増での待機児童増加がクローズアップされており、記事内のランキング10位以内には入っていませんが、四街道市が発表した数字を照らせ合わせると、鹿児島市(216人)を抜いて全国ワースト6位という順位になります。
※日本経済新聞の記事は9月4日発表、四街道市は9月1日に発表し4日に更新しています。

また近年では、もねの里地区の流入が多く児童が増加しており、校舎の大規模改修を終えたばかりの南小学校が定員オーバーとなり、学区の変更をせざるを得ない事態にもなりました。
四街道市内では、待機児童への需要と供給のバランスが保てない不安定な状態になっており、「子育なら四街道」のスローガン通りになる事が期待されています。



政治ニュースの最新記事
政治ニュース一覧

もう済んだ?インターネットでも郵送でも提出可能、国勢調査2020締切せまる
もう済んだ?インターネットでも郵送でも提出可能、国勢調査2020締切せまる

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」. Support by まちコミュニケーションfeed twitter facebook