四街道高校、夏休みのボランティア活動でマスクを寄付、41名の有志集まる

ニュース

学校再開後の家庭総合授業で行われた250枚も寄付予定

四街道高校の有志

四街道高校の有志



2020年9月、千葉県立四街道高校から四街道市社会福祉協議会へ手作りマスクが寄付されました。

寄付が行われた手作りマスクは、同校が夏休み期間中に家庭科の新谷教諭が「誰かのために役立つことを学んでほしい」とボランティアを募集。
学校内から41名の有志が募り2日間をかけて作成されたもので、材料の入手困難さからマスクゴムに輪ゴムなどを代用するなどの工夫をし幼児~大人用までの4サイズ63枚を作った。

また、新型コロナウィルスでの緊急事態宣言後、自粛期間が明けた6月の1年生の家庭総合授業で作成された250枚のマスクも寄付される予定です。

※写真資料は、四街道市の報道資料より抜粋



四街道高校マスク作成風景

四街道高校マスク作成風景

ニュースの最新記事
ニュース一覧

「昭和を感じる…」四街道駅にある横断幕がTwitterでバズる
「昭和を感じる…」四街道駅にある横断幕がTwitterでバズる

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」. Support by まちコミュニケーションfeed twitter facebook