四街道市のクリーンセンター(ゴミ焼却場)で、黒煙火災一時閉鎖に

原因は衝撃発火性の廃棄物、いったいどんなもの?

8月17日、10時7分ごろ、四街道市クリーンセンターで火災が発生し、一時的に粗大ゴミの搬入が停止されました。

発火原因は、衝撃発火性の廃棄物で、コンベヤ上に発火したまま稼働したため、大量の黒煙が発生。吸い込んだ作業員3名が緊急搬送されました。

火災は、約1時間後の11時20分ごろに鎮火、搬送された作業員にも異常はなく、午後から通常通りの稼働を再開しました。

衝撃や圧力で発火で有名なものに、リチウムイオンバッテリーがあり、スマートフォンやノートパソコンなどに多く利用されており、家庭でのゴミ出し時にも注意が必要です。 ※今回の火災の原因はリチウムイオンバッテリーとは発表されていません。



火災ニュースの最新記事
火災ニュース一覧

四街道市千代田団地隣接で火災、佐倉市生谷(おぶかい)で発生し、SNSで目撃多発

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」. Support by まちコミュニケーション  

Exit mobile version