四街道市で実証試験のグリーンスローモビリティに乗ってみた!(よつコラム)

2020年11月30日から12月11日まで、四街道市内で行われていたグリーンスローモビリティの実証実験で、視聴者さんに試乗して頂きましたので、その模様をお届けします。

千代田団地在住の主婦の方で、乗り物が大好きなお子さんと一緒に搭乗。お子さんはテンションが上がりまくっていたようで大はしゃぎです!

グリーンスローモビリティの概要と、投稿者さんから頂いた感想をご紹介します。

グリーンスローモビリティ試乗動画

試験中のグリーンスローモビリティに搭乗した際の動画を作りましたので、ぜひご覧ください。

動画をみさせて頂いたところ、割と大きな音がするなという印象を受けます、安全を考えてお子さんが写っているシーンはカットさせて頂きましたが、楽しそうでなによりでした!

乗り心地はどんなかんじ?感想をご紹介

実際に搭乗された方からの感想が届いていますのでご紹介します。

乗り心地について:
乗っている体感は自転車より速いかもしれないけど、実際は自転車くらいかなと感じます。
運転音が、なかなか大きいのと、結構揺れます。特に加速、減速の揺れが大きいです。

車内について:
車内も広くはないので、コロナ禍でなければ、一緒に乗り合った人達と、コミュニケーションとったり、仲良くなったりと、コミュニティバスとして楽しめると思います!(*車内は向かい合わせのシートになっていました。)
お天気も良かったから暖かくてよかったけど、雨の日とかはどうなのか、夏はクーラーとかあるのか、気になりました。

お子さんのテンションについて:
息子は乗る前から大喜び!以前から車両を追いかけたりしていました。
実際に乗ったらテンションマックスでした!
降りる予定をしていた所では降りずに、しばらく乗車を楽しんでました(笑)

他にどんな人がのっていましたか?:
日曜日(12月5日)は、いっぱい乗車していたみたいです。
私が乗った日には、一組ずつくらい子連れの人がいました、ベビーカーも載せられるみたいで、自動車の後ろに載せられていました。
それ以外の搭乗者は、みんな初めて乗ったお年寄りが多かったです。

息子さんは、かなり楽しめたようでよかったですね!

グリーンスローモビリティとは何なのか

各地で実験が行われたグリンスローモビリティーとはどんなものだったのでしょうか。

グリーンスローモビリティは、国土交通省が、「環境・経済・社会の統合的向上」の考え方(SDGs)に基づき、高齢化地域の交通確保などの課題と低炭素型モビリティの普及を同時に進められるモデルとして推進している事業で、今回は、令和2年度の事業を公募し20団体から6団体が採択され、四街道市がその1団体となっっています。

実際に搭乗していた方の感想にもあるように、コミュニティバスとして高齢化が進んだ地域の福祉の一環となったり、今回のように経済拠点とつなぐことで、地域経済への貢献なども考えられます。

今回は実験が行われただけですので、実際に導入に至るかは今後の国土交通省の検討結果を待つことになります。

よつコラムは、ニュース調ではなく、コラム・エッセイとしてブログ調にお伝えしていくコンテンツです。
筆者個人の主観が大きく入っていたり、崩した表現を多く使用していますのでご了承ください。



地域活動ニュースの最新記事
地域活動ニュース一覧

よさこいソーラン、ふるさと祭りに向けて大規模な募集

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」. Support by まちコミュニケーション  

Exit mobile version