年末年始の5日間で14人が感染、千葉県でも新たな協力要請

ニュース

市内から市内への感染が増加

2021年1月4日、四街道市がWEBサイトで、122例目~137例目の16人の新型コロナウィルスの感染を発表しました。発表されていなかった年末年始の5日間(2020年12月30日~2021年1月3日)では、14人の感染者が報告されました。

この期間の内訳を見ると、集団感染などで顕著だった高齢者の感染が低下、会社員や学生などの現役世代が多く見られ、市内での相互感染も増加傾向。また2日間の行動履歴に職場が含まれる感染者も多く、年末で仕事が休めないなどの社会的背景も影響した可能性があります。

同日、千葉県では、新たに「20時以降の不要な外出の自粛」の項目を自粛要請に追加し、「20時以前も感染リスクの高い場所、不要不急の外出」の自粛と合わせて要請。期間は、1月8日~1月31日まで。

また千葉県全域の飲食店に対して20時~翌5時までの営業自粛と酒類の提供を19時までとする要請を出しました。期間は、1月12日~1月31日までとなっており、例年であれば新年会が行われるシーズンだた、全期間協力した店舗には協力金が支給される。

年代別分布年代別分布1月5日17時時点
月別分布 width=月別分布1月5日18時時点

四街道市内の2020年の感染者数は130人、12月は65人となり、12月だけで年間の半数の感染者が確認されました。

感染拡大を防ぐためにも、日頃の手指の消毒の徹底、ソーシャルディスタンスを保つなどの予防、密になる時や、人と会話するときのマスク着用での飛沫感染への予防を忘れずに行いましょう。これらの予防は、例年流行するインフルエンザの感染防止にも役に立ちます。
高齢者や基礎疾患を持っている人は、感染後の重症化のリスクも上がりますので、感染予防には注意してください。

感染者の公表は、千葉県が行なっており、その発表に伴い、四街道市がwebサイトに掲載したものです。また、集団感染については千葉市がWEBサイトで公表しています。


災害情報ニュースの最新記事
災害情報ニュース一覧

感染者数横ばい、2月28日までの週間まとめ 新型コロナ感染状況 四街道市内
感染者数横ばい、2月28日までの週間まとめ 新型コロナ感染状況 四街道市内

pageTop

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」. Support by まちコミュニケーションfeed twitter facebook