環境省主催の、全国ダンス大会で、四街道市内高校の2チームが準優勝、新人賞を受賞 

環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020大会、全国大会は21チームが選出

2021年2月4日、環境省が主催する「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020大会」で、四街道市内にある県立四街道高校、千葉敬愛高校、に所属する2チームが、新人賞、準優勝を受賞しました。

新人賞を受賞したのは、千葉敬愛高校、チーム「Jasper」で、タイトルは「ST.girls」、チーム構成は、1年生12名。

準優勝をしたのは、千葉県立四街道高校、チーム「LUNA」で、タイトルは、「自然の循環」、チーム構成は、2年生12名。

全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020は、環境省が主催する環境×高校生コラボレーションの一環として実施されており、全国から応募、1次審査を通過した21チームが全国大会に選出されました。

新型コロナ渦の影響で、1月31日に開催予定だった全国大会は、オンライン大会に変更となりましたが、審査の結果、四街道市内の高校から2チームが受賞となりました。

全国大会にエントリーされた21チーム13校で、そのうち、千葉敬愛高校2チーム、四街道高校3チームが選出されていました。


新人賞:千葉敬愛高校ダンスチームJasper


準優勝:四街道高校ダンスチームLuna


スポーツニュースの最新記事
スポーツニュース一覧

環境省主催の、全国ダンス大会で、四街道市内高校の2チームが準優勝、新人賞を受賞 

Copyright (c) 2010 四街道ポータルサイト「よつぽ」. Support by まちコミュニケーション  

Exit mobile version